コンサルティングファームのFPプランニング

FP Planning Logo
FPプランニング トップページ »  保険種類 »  ガン保険

法人で活用される主な保険種類

ガン保険

ガン保険とは、ガンと診断された際に給付金が受け取れたり、ガンで入院・手術をした際に給付金が支払われるなど、ガン治療のための医療保険です。入院給付金は、入院回数に関係なく保障されます。医療保険の一種であるガン保険は保障範囲が狭い分、医療保険と比べて保険料は安く、しかも高い保障を確保出来ます。

契約例

診断給付金ガンと診断された時一時金200万円など
入院給付金ガンで入院された時一日につき15,000円など
手術給付金ガンで手術を受けられた時種類により60万円、30万円など
通院給付金ガンで通院された時1日につき10,000円など
死亡保険金ガンで死亡された時15万円など

契約形態

※保障内容や給付金名は保険会社によって異なる場合があります。また、入院給付金や通院給付金の支払いには日数制限がある保険会社もあります。


保険期間「終身」経理処理例

>> 損金算入対象保険料と前払保険料
・各年度の損金算入対象保険料と前払保険料を計算する必要がありますが、保険期間が終身である為、計算上の満期到達年齢を「105歳」として計算します。
契約形態

>> 保険料払込期間後の処理
・下記の計算式により算出した金額を資産計上額より取り崩して損金の額に算入します。
契約形態

※普通死亡給付金が高額とされるガン保険については、取り扱いが異なります。


経理処理例

契約形態
* 契約者・・・法人
* 被保険者・・・役員・従業員の全員
* 死亡保険金受取人・・・法人
* 契約年齢・・・40歳30名
* 保険期間・・・終身
* 保険料払込期間・・・終身


>> 保険料支払時の経理処理
・保険料500,000円を支払った。
借 方貸 方
支払保険料   500,000円 現金・預金   500,000円

[ POINT ] 保険期間、保険料払込期間が共に「終身」の場合、全額損金算入となります。

※上記の経理処理は一例です。保険料払込期間などによって経理処理は異なります。
※上記の保険料、保険金額等は、説明のために簡単な数字を使用しています。

>> 保険事故発生時の経理処理
・従業員1名がガンで入院し、入院給付金として300,000円を受け取った。
借 方貸 方
現金・預金   300,000円 雑収入   300,000円

[ POINT ] 給付金の全額を雑収入とします。。

>> 解約時の経理処理
・従業員1名が退職した為、その従業員の契約を解約し、解約返戻金100万円を受け取った。
借 方貸 方
現金・預金   1,000,000円 雑収入金   1,000,000円

[ POINT ] 解約返戻金の全額を雑収入とします。

※上記の経理処理は一例です。保険料払込期間などによって経理処理は異なります。
※上記の保険料、保険金額等は、説明のために簡単な数字を使用しています。

根拠となる法令等

* 平成13年8月10日付課審4-100
 法人契約の「がん保険(終身保障タイプ)・医療保険(終身保障タイプ)」の保険料の取扱いについて

運営サイト

節税対策の法人保険|全額損金/逓増定期保険
節税対策の法人保険 一括見積り




Copyright © 2011-2016 FP Planning All Rights Reserved.