コンサルティングファームのFPプランニング

FP Planning Logo
FPプランニング トップページ »  保険種類 »  医療保険

法人で活用される主な保険種類

医療保険

医療保険は、病気になったときに、入院および手術時の費用や、入院による所得減少を保障するための保険です。病気や怪我よる様々な損失・損害を担保するタイプの保険です。公的医療保険では足りない部分を補う役割を持っています。

保障例

入院給付金病気やケガで入院された時一日につき15,000円など
手術給付金病気やケガで手術を受けられた時種類により40万円、20万円など
通院給付金病気やケガで通院された時1日につき10,000円など

契約形態

※保障内容や給付金名は保険会社によって異なる場合があります。また、入院給付金や通院給付金の支払いには日数制限がある保険会社もあります。

保険期間「終身」経理処理例

契約形態
* 契約者・・・法人
* 被保険者・・・役員・従業員の全員
* 死亡保険金受取人・・・被保険者の遺族
* 契約年齢・・・40歳30名
* 保険期間・・・終身
* 保険料払込期間・・・終身


>> 保険料支払時の経理処理
・保険料100,000円を支払った。
借 方貸 方
支払保険料   100,000円 現金・預金   100,000円

[ POINT ] 保険期間、保険料払込期間が共に「終身」の場合、全額損金算入となります。ただし、役員または特定の使用人のみを被保険者としている場合は、当該役員または特定の使用人の給与となります。

※上記の経理処理は一例です。保険料払込期間などによって経理処理は異なります。
※上記の保険料、保険金額等は、説明のために簡単な数字を使用しています。

根拠となる法令等

* 平成13年8月10日付課審4-100
 法人契約の「がん保険(終身保障タイプ)・医療保険(終身保障タイプ)」の保険料の取扱いについて


運営サイト

節税対策の法人保険|全額損金/逓増定期保険
節税対策の法人保険 一括見積り




Copyright © 2011-2016 FP Planning All Rights Reserved.